肌トラブルの原因と改善

保水機能が低くなると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、用心してください。

じゃぁ、保水能力を向上させるには、どのように肌を守るのかを学べば良いのでしょうか?保水する力を高めるのに良い肌ケアは、血行を促進する、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、きちんと洗顔する習慣をみにつけるという3点です。
カサカサ肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択してよく泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。

無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、優しく、丁寧に洗うことがポイントです。

また、洗顔を行った後は欠かさず保湿するようにしましょう。化粧水に限らず、乳液、美容液、クリームなども場合によって使用してください。
続きを読む

インプラント治療の実態

長続きするダイエット抜歯した自分の歯の代わりに、人工の歯根と上部歯を取り付けて噛む力と審美を取り戻す歯科インプラント治療は、人気となり歯を抜歯した人の約1割が実施しています。

従来の入れ歯やブリッジと比べると、生活を向上させる夢の治療法のはずですが、治療後の後遺症で歯や口腔の痛み、しびれ、麻痺などに悩まされ、最たるものは顎の動脈が切れて患者が死亡するという事故まで発生しています。

これはインプラント治療に対する高度な技量もない歯科医師が、高収益を求めて無理な治療を行っていることが背景にあるようです。

インプラント治療とは、抜歯した部分の顎の骨にチタンやチタン合金製のネジ状のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、それを支台にして人工の歯を取り付ける治療法です。

入れ歯やブリッジと比較すれば噛む力が元の自分の歯と同様で、長期間利用できますので治療を希望する人が増加しています。

しかし、国民生活センターによれば2006年度からの5年間において2000件以上の苦情相談が寄せられています。

この内、インプラント治療で実際に被害を受けたとの相談が343件に及んでいます。
苦情内容は歯や口腔の痛み、腫れ、しびれや、痛みが取れず夜眠れない、食べ物を噛めず体調を崩したなど様々です。

続きを読む

歯の矯正方法

娘を授かって10年経ち、前歯の歯並びが気になってきました。それで嫁さんと話し合いの結果、歯の矯正をさせることに。
男の子なら何も考えなかったとおもいますが女の子では将来、お見合いや結婚、就職などできっと悩むと思います。

出っ歯や歯並びで世間から差別を受けるようなことになれば産んだ、産ませた親の責任を感じます。
大人になれば、子供の頃よりも治りにくいような気がしますしね。

で、調べた結果は、
従来からの矯正の方法が、
歯にブラケットという金属を付けて、そこにワイヤーを通し、通院ごとに少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」だったようです。

しかし、この方法は金属特融のギラギラが前歯から放射され、異様に目立っていました。
私の同級生の1人もそうだったと思いだしました。
続きを読む