インプラント治療の実態

長続きするダイエット抜歯した自分の歯の代わりに、人工の歯根と上部歯を取り付けて噛む力と審美を取り戻す歯科インプラント治療は、人気となり歯を抜歯した人の約1割が実施しています。

従来の入れ歯やブリッジと比べると、生活を向上させる夢の治療法のはずですが、治療後の後遺症で歯や口腔の痛み、しびれ、麻痺などに悩まされ、最たるものは顎の動脈が切れて患者が死亡するという事故まで発生しています。

これはインプラント治療に対する高度な技量もない歯科医師が、高収益を求めて無理な治療を行っていることが背景にあるようです。

インプラント治療とは、抜歯した部分の顎の骨にチタンやチタン合金製のネジ状のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、それを支台にして人工の歯を取り付ける治療法です。

入れ歯やブリッジと比較すれば噛む力が元の自分の歯と同様で、長期間利用できますので治療を希望する人が増加しています。

しかし、国民生活センターによれば2006年度からの5年間において2000件以上の苦情相談が寄せられています。

この内、インプラント治療で実際に被害を受けたとの相談が343件に及んでいます。
苦情内容は歯や口腔の痛み、腫れ、しびれや、痛みが取れず夜眠れない、食べ物を噛めず体調を崩したなど様々です。

NHKによれば、27の大学病院の歯学部を対象にアンケート調査したところ、インプラント治療後の不具合を訴えてた患者が、2年半で2700人以上にもなったことが判明しました。

大学病院が挙げたその理由は、
1、最初に治療した歯科医院での知識、技量不足が86%。
2、難しいケースにもかかわらず無理な治療をしたが76%。

では、歯科医院は知識、スキルもないのになぜインプラント治療を実施するのか。
一つはコンビニの1・7倍にもなる歯科医院の過剰状態があげられます。

過当競争による収益低下を防ぐために、自由裁量で価格が設定できる自由診療(健康保険の効かない)のインプラント治療で収益アップを図る歯科医師が増えたことにあります。

それに、大学の授業でインプラント治療を学べるようになったのはごく最近のことで、多くの歯科医師はメーカー主催の講習会(4日間程度)を受けるだけです。

歯科インプラントの名医