肌の手入れでするべきことと、ダメなこと

お肌の手入れで忘れてはいけないことは日々の正しい洗顔が鍵となります。

洗顔で誤ったやり方とはお肌のトラブルの原因となり保水力を保てなくなります要因をつくります。
力任せにせず優しく洗うしっかりとすすぐ、というふうに意識をして洗顔を行いましょう。

美肌保持で一番大事なことは洗うと言った作業です。
メイク後の手入れをきちんとしないとそれが原因で、肌のトラブルが起こってしまうでしょう。
しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、必要な水分も保てず、肌が乾燥してしまいます。
続きを読む

肌トラブルの原因と改善

保水機能が低くなると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、用心してください。

じゃぁ、保水能力を向上させるには、どのように肌を守るのかを学べば良いのでしょうか?保水する力を高めるのに良い肌ケアは、血行を促進する、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、きちんと洗顔する習慣をみにつけるという3点です。
カサカサ肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択してよく泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。

無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、優しく、丁寧に洗うことがポイントです。

また、洗顔を行った後は欠かさず保湿するようにしましょう。化粧水に限らず、乳液、美容液、クリームなども場合によって使用してください。
続きを読む